犬に合ったものを

人間も同じですが、成長と共に必要な栄養素や必要なカロリーは異なります。これを無視してやみくもにドッグフードを与えていれば、栄養不足になってしまったり栄養過多になってしまうことも考えられます。ですから、ワンちゃんの成長に合ったものを選んで適量を与えて行く必要があるのです。

仔犬の頃は、一度の食事で食べられる量も少ないですから、栄養が豊富でカロリーも高めの仔犬用のドッグフードを与えることがお勧めです。また、消化吸収の良いものを選んであげてください。仔犬用のドッグフードを与えると良いでしょう。そして、大人の犬になったら、大人用のものに切り替えていきます。小型犬、中型犬は、1歳くらいになると大人の犬になります。また大型犬になると、1歳半から大人の仲間入りです。

更に老犬になったら、老犬用のドッグフードに切り替えていきます。ワンちゃんは、8歳くらいになると老犬の仲間入りをします。切り替える時期や切り替えるドッグフードについては、ペットショップに相談してみると安心です。老犬になると、一度の食事量が少なくなってきますので、食事回数を増やしてみたり、カロリーが高いドッグフードを与えてみたりしましょう。老犬用のドッグフードもあります。

関連サイト・・・全ライフステージ対応グレインフリードッグフード「カナガン」通販サイト