犬に合ったものを

人間も同じですが、成長と共に必要な栄養素や必要なカロリーは異なります。これを無視してやみくもにドッグフードを与えていれば、栄養不足になってしまったり栄養過多になってしまうことも考えられます。ですから、ワンちゃんの成長に合ったものを選んで適量を与えて行く必要があるのです。

仔犬の頃は、一度の食事で食べられる量も少ないですから、栄養が豊富でカロリーも高めの仔犬用のドッグフードを与えることがお勧めです。また、消化吸収の良いものを選んであげてください。仔犬用のドッグフードを与えると良いでしょう。そして、大人の犬になったら、大人用のものに切り替えていきます。小型犬、中型犬は、1歳くらいになると大人の犬になります。また大型犬になると、1歳半から大人の仲間入りです。

更に老犬になったら、老犬用のドッグフードに切り替えていきます。ワンちゃんは、8歳くらいになると老犬の仲間入りをします。切り替える時期や切り替えるドッグフードについては、ペットショップに相談してみると安心です。老犬になると、一度の食事量が少なくなってきますので、食事回数を増やしてみたり、カロリーが高いドッグフードを与えてみたりしましょう。老犬用のドッグフードもあります。

関連サイト・・・全ライフステージ対応グレインフリードッグフード「カナガン」通販サイト

何を与える?

ドッグフードは、気軽に購入できる時代です。店頭で購入することもできますが、通販でも取り寄せが可能です。ワンちゃんの健康を目指したものも豊富に出ていますので、比較しながら選んでみるのも良いでしょう。

ドッグフードには、水分が豊富に含まれていて食べやすいウェットタイプのものや、栄養バランスが良く長い間持つなどの良さもあるドライタイプなどがあります。ウェットタイプは、香りや良く素材の食感や味がよりしっかりとしているので、食いつきが良いこともメリットです。ドライタイプのものは、栄養バランスが良く体良いのが特徴です。また、硬いですから、ワンちゃんが噛むことで歯に歯垢が付きにくく口臭を予防できるなどの良さもあります。

お勧めは、日常はドライタイプのドッグフードを与えて、何か特別な日にはウェットタイプを与えるなどの方法です。ウェットタイプはどうしても栄養が偏りがちですから、できるだけドライタイプを与える方がお勧め。また、ウェットタイプばかり与えていると、ドライタイプのドッグフードを食べなくなってしまうこともあります。ご褒美としてたまに、ウェットタイプを食べさせるようにすると良いでしょう。いずれにしても、安心できるメーカーの安全なものを選んでください。

ドッグフードについて

できるだけ長く、大切なワンちゃんと一緒に暮らしたい。それは誰もが願うことだと思います。その為には、健康に気をつけてあげることが必要。運動したり清潔を心がけるなど、ワンちゃんにやってあげられることはいっぱいありますが、良いドッグフードを選んであげることも重要なことです。食べた物で体が作られるのは、人間も犬も同じです。ドッグフードは色々なものがありますが、選ぶ際は原材料についてもチェックしてから安全だと思うものを選ぶようにしたいもの。中には、添加物などが含まれているようなものもあります。

また、太り気味のワンちゃんだったり、糖尿病などの病気があるワンちゃんもいると思いますが、こういったワンちゃん専用のドッグフードもあります。ダイエットをしたい時、普通のドッグフードを量だけを減らして与えることもできるのですが、そうすると満足できないワンちゃんもいます。ダイエット用のものであれば、同じ量でもカロリーが抑えられていますので、無理なく減量を進める事もできてお勧めです。また、糖尿病はワンちゃんにとっても危険な病。医師の診察を受けることはもちろん、糖をコントロールしてくれる糖尿病専用のドッグフードを是非与えてあげてください。

他にも、色々なものがあります。ワンちゃんの目的に合わせて選んでみてください。ここでは、ドッグフードについて紹介します。市販されているものを購入する時は、是非参考にしてみてください。